maluco's lifelog

Singer song writer / Kobe&Osaka / Against animal cruelty ☁︎Next gig 5/2, 7/13

本質とは逆の捉え方をされる

自分が知っている自分自身とは、全く逆の捉え方をされる事がかなり多い。

繊細なのに鈍感と言われたり、
大胆なのに大人しいと言われたり、
気を遣っていても生意気だと言われたり。

他人と関わっていてビックリするのが、ある程度顔見知りになり話をすることが多くても、本来の自分を知って行ってもらうことはなく、そのまま他人が感じた印象のままの"自分"と会話をしたり遊んだりしていること。

これは日常生活の中での違和感だとか、摩擦が起きた時に知ることになる。

なんでこういう事が起きるんだろう?

いろんなタイプの自分で居る事にトライするのが楽しいから、体験的にいろんな場所へいくと、その場所によって違う人たちがいるから、その人たちの楽しみ方に挑戦するために話を合わせて楽しむ。
郷に行っては郷に従えではないけど、ものすごく社交的だと思う。

でもその中でたまに気が合う人間や波長の合う奴が居ると、
「お前、もしかしなくても内向的な人間だろ?」とすぐに理解してもらえる。

これがラクですごく嬉しい。

擬態がうまいのか、綺麗な服を着てキチンとしているときは、「ええ!煙草吸うなんてウソやろ!」とか言われたりしてたな。

まぁなにが言いたいかというと、
自分がどんな風にしてても、勘違いする奴はするし、本質見抜いてくれる人とは出会うし、特に今までみたいに難しく考えなくてもよいということ。


写真は屋上でとったやつ